サロン以外で、自己処理をする場合の方法とデメリットを詳しく見る

  • 2017年2月7日
  • 種類

脱毛サロンに行ってみたいけど高そうだし不安もある。そんな人は自分でムダ毛を処理することになります。

一番手軽なのがカミソリです。


カミソリは安価でどこでも売ってますし、お風呂場で石鹸をつけてすぐに剃れるのでとても簡単ですね。

 

ただ、皮膚の弱いところを剃って剃刀負けしたり、埋没毛の原因になったり皮膚が荒れたりと、デメリットもあります。

 

すぐに生えてくるのもマイナス点です。

 

剃った後の保湿など、お手入れには気を付けたいところです。

 

毛抜きで抜く方法もあります。

やってみればわかりますが、一本づつ抜いていくのですからとにかく時間がかかります。

それに、顔やビキニラインなど敏感な部分はかなり痛みも感じます。

毛深い人だと途中で嫌になるかもしれません。

抜けにくい毛を無理に引っ張ることでブツブツができたり、毛穴が開いてしまうこともあります。

 

脱毛クリームは毛を溶かす薬剤を使用して行うものです。

 

ワックスは皮膚に薬剤を塗り、乾いたら一気に剥がして毛を抜くという方法です。

 

どちらもドラッグストアなどで手に入れることができますが、薬剤を使用するため皮膚が弱い人は要注意です。

あとで赤くなったり、ヒリヒリしたりということもあります。

うまく使わないと毛が残っているということもあります。

抑毛剤、抑毛クリームはムダ毛の成長を抑えるもので、一番負担の少ない方法です。

ただし徐々にムダ毛を細く薄くしていくので、即効性はありません




コメントはまだありません


You can leave the first : )